絶対後悔しない!京都で探す一生に一度の結婚指輪選びガイド

ダイヤの質

結婚指輪のダイヤの品質・カットの形・京都でできるふたり独自のアレンジ法も記載しています。

ダイヤの基礎知識1、品質

ダイヤの品質を評価する「4C」は、輝き(Cut)・色合い(Color)・透明度(Clarity)・大きさ(Carat)で構成されます。

Cut …ダイヤの輝き。ダイヤ表面の磨き具合・対称性を確認します。Excellent(最高級)からPoor(劣る)までの5段階です。

Color …ダイヤの色合い。最もランクの高い無色透明Dから薄い黄色Zまでの23段階です。また、最近ではピンクダイヤやブルーダイヤなどのカラーダイヤも好まれつつあります。

Clarity …ダイヤの透明度。不純物や傷の有無で判断します。完全に傷のないFLから肉眼でも傷がわかるIまであり、10倍の顕微鏡を使用しないと傷がわからないSIレベル以上が人気。

Carat …ダイヤの重さの単位。1カラット(1ct)=0.2g。0.25~0.5カラットが主流で、0.3カラットが人気です。

ダイヤの基礎知識2、カットの形

ダイヤモンドのカットによって、それぞれの個性が光ります。

ラウンドブリリアンカット…どの角度から見ても美しく、繊細な輝きを生み出す定番のデザイン。

オーバルシェイプ…柔らかく優しいラウンド型のデザイン。指を細く見せる効果もアリ。

ペアシェイプ…カットが洋ナシ型で、涙のしずくにも見えるため、別名「ティアドロップ」と呼ばれる。

マーキースシェイプ…両端がピンと尖っている優美な形。実物のカラットよりも大きく感じるのが特徴。

ハートシェイプ…女性らしく可愛らしい印象を与えるハート型。永遠の愛を誓う婚約指輪や結婚指輪にぴったり。

ふたり独自の指輪アレンジ

ふたりの愛の証となる結婚指輪。アレンジを加えて一層ふたりの絆を深めてみてはいかかでしょうか。こちらでは、指輪に加えることが出来るアレンジ方法をご紹介いたします。

メッセージを刻む…ふたりのイニシャルはもちろん、大切なメッセージや記念日の日付を、指輪の内側に刻みます。

さらにダイヤ~リングの内側に~…指輪の外側だけでなく、内側に宝石を埋め込みます。
ふたりの指輪を重ねることで、クローバーが浮かび上がってくるデザインもあるので、こっそりふたりの愛の宝石を忍ばせて。誕生石やピンクダイヤ、ブルーダイヤといったふたりにちなんだ宝石を選ぶ方が多いようです。

双子ダイヤモンド…一つの原石からカットされたふたつのダイヤモンドのことです。何億年もかけて形成されたダイヤモンドをカットした後も、ペアのまま使用し、ふたりの下へと運ばれます。

セットリング…婚約指輪と結婚指輪を重ね付けできるデザイン。フォーマルな場・カジュアルな場に応じて「婚約指輪のみ」・「結婚指輪のみ」と楽しむことも出来ます。